CentOS7でWordPressの構築

投稿者:

CentOS7でWordPressの構築したので(このブログ),備忘録として記します.

  • パッケージのインストールと有効化
yum -y update
yum -y install mariadb mariadb-server php php-mysql wget
systemctl enable mariadb.service
systemctl start mariadb.service
  • Apacheの導入
firewall-cmd --add-port=80/tcp --zone=public --permanent 
firewall-cmd --reload 
firewall-cmd --list-all --zone=public 
systemctl start httpd 
systemctl enable httpd 
systemctl list-unit-files | grep httpd
  • WordPressのタウンロードとデータベースの作成
cd /home
wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
tar -xzvf latest-ja.tar.gz

 mysql
 MariaDB[(none)]> CREATE DATABASE (任意のデータベース名);
 MariaDB[(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON (任意のデータベース名).* TO (任意のユーザ名)@localhost IDENTIFI ED BY '(任意のパスワード)';
 MariaDB[(none)]> FLUSH PRIVILEGES;
 MariaDB[(none)]> EXIT
  • wp-config.phpの作成
cd /home/wordpress
cp wp-config-sample.php wp-config.php
vim wp-config.php

vimで以下のように編集

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '(任意のデータベース名)');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '(任意のユーザ名)');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '(任意のパスワード)');
  • FTPサーバーの構築
yum install vsftpd

vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf

vimで以下のように編集

# ----- 以下は変更またはコメント解除する項目 -----
# anonymousログインを禁止する
anonymous_enable=NO
# ログの場所を指定する
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
# ASCIIモードをONにする。プラットフォームにより異なる改行コードをきちんと変換してくれる機能らしい
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
# 一般ユーザを親ディレクトリに移動させないようにします
chroot_local_user=YES
# 親ディレクトリに移動できる例外ユーザを作る
chroot_list_enable=YES
# 親ディレクトリに移動できるユーザを指定するファイル
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
# ディレクトリごとに削除できる
ls_recurse_enable=YES
# IPv6環境なら下記デフォルトのままで良いが、IPv4で運用している環境なら変更必須
listen=YES
listen_ipv6=NO
 
# ----- 以下は追記する項目 -----
# Passiveモードを有効にして、外部ネットワークからアップロードできるようにする
pasv_enable=YES
# Passiveモードでホスト名(またはIPでもOK)を通知する
pasv_addr_resolve=YES
pasv_address=ftp.jdbc.tokyo
# Passiveモード接続時のポートを4000-4029に設定
pasv_min_port=4000
pasv_max_port=4029
# ローカルタイムを有効にしてJSTで動くようにします
use_localtime=YES
# SSLを有効にする
ssl_enable=YES
# 先ほど作成した鍵+証明書のペアのファイルを指定
rsa_cert_file=/etc/pki/tls/certs/ftp.jdbc.tokyo/self.pem
# SSLの利用を強制する
force_local_logins_ssl=YES
force_local_data_ssl=YES
# 暗号スイートの変更(15/11/11追記 FileZillaだとデフォルトの暗号スイートでネゴれなかった)
ssl_ciphers=HIGH
# "."つきの隠しファイルも表示する
force_dot_files=YES
# FTPログイン後のホームディレクトリをユーザ毎に設定するファイル
user_config_dir=/etc/vsftpd/user_conf
mkdir /etc/vsftpd/user_conf
vim /etc/vsftpd/user_conf/(CentOS7のユーザ名)

local_root=/var/www/html
echo (CentOS7のユーザ名) >> /etc/vsftpd/chroot_list

systemctl start vsftpd.service
systemctl enable vsftpd.service
firewall-cmd --zone=public --add-service=ftp --permanent
firewall-cmd --reload

// /wwwで実行
chown -R apache:apache html

あとはhttp://(サーバーのアドレス)/wp-admin/でログイン画面に行くことが出来ます.

  • ドメインの変更方法

「さくらのVPS」に「お名前.com」で取得した独自ドメインを割り当てる手順

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です